婦人科形成、女性器形成のお悩みならファーストビューティクリニック
ファーストビューティークリニック 初めての方でもお気軽に【ご相談・ご予約】お電話ください 0120-720-666

 
HOME

当院について
院長紹介
クリニックコンセプト
クリニック情報
大阪・梅田院
福岡・天神院
熊本・上通院
神戸・元町院
東京・銀座院
カウンセリングの重要性
診療メニュー
女性器
小陰唇縮小
大陰唇縮小
膣縮小
膣壁縮小
クリトリス包茎
すそわきが
バスト
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
乳房縮小
乳頭、乳輪黒ずみ
乳房挙上(下垂乳房形成)
その他
女性の薄毛
でべそ形成
シェイプアップ
造膣術(先天性膣欠損症)
わきが・多汗症
わきが
多汗症
医療レーザー脱毛
エチケット(VIO)脱毛
料金表
お支払い方法について
メール相談
カウンセリング予約
プライバシーポリシー
サイトマップ
 
わきが、多汗症サイト
 
豊胸サイト

 
診療メニュー
婦人科形成、女性器形成のお悩みならファーストビューティクリニック>診療メニュー>女性の薄毛
  薄毛になる理由とは・・・

薄毛は女性にとって最大の敵

「髪は女の命」です

女性が薄毛の原因として実感しやすいのは加齢と性ホルモンバランスの変化が原因になっている場合が多くあります。
女性にとって「髪は命」、年齢とともに衰えを感じていくのは誰にとっても悲しいことです。
しかし、現実にはだんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛など、
さまざまな形で「加齢変化」が目立ってきます。
髪の密度は20歳がピーク、太さにおいては35歳がピークでその後は密度・太さともに衰えていき、
30代後半あたりから「髪のうねり」も目立ってきます。
そして40歳前後で急に髪の衰えを感じる女性が増えます。
さらに出産や更年期といった性ホルモンのバランスの崩れが薄毛・抜け毛を悪化させてしまいがちです。
さまざまな家庭内の問題に加え、仕事や人間関係など、あらゆる類のストレスと闘っているのですから、
こうした髪の悩みを抱える方が増えていくのは当然のことなのかもしれません。
当院でも女性の患者様は増え続けており、その年齢層も幅が広がってきています。
髪の悩みを自覚される年齢が若年化している一方で、60〜70代以降でも積極的に
髪のことを考えようと来院される方がとても多くなっているように感じます。

  女性の脱毛症の種類
   
  瀰漫(びまん)性脱毛症
女性は男性のようにハゲることはありませんが、髪全体が薄くなり、特に髪の分け目や頭頂部の皮膚がけて見えるようになります。これが瀰漫(びまん)性脱毛症といい、女性に1番多く見うけられる脱毛症です。

原因は・・・
更年期前後によく見られ、女性ホルモンの急激な減少やストレス、ダイエットによる栄養不足が原因とされています。
また、1日に2回以上のシャンプーやリンスのすすぎ残し、乱暴なブラッシングなど誤ったヘアケアも薄毛の原因となります。



分娩後脱毛症
分娩が終わると抜け毛が多くなります。

原因は・・・
妊娠後期には女性ホルモンが増加するため、抜け毛が減少します。
妊娠によりヘアサイクルの成長期が延長され、移行期・成長期に移行しなくなるために起こる現象です。
しかし、分娩が終わるとホルモンバランスが元通りになり、一気に休止期に入ってしまうため抜け毛が多くなります。
これは通常、半年から1年ほどで自然回復しますが、高齢出産などで体力の回復が遅い場合は、
自然回復しにくいと言われています。



批糠(ひこう)性脱毛症
批糠(ひこう)性脱毛症は、乾燥したフケを伴う脱毛症です。

フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、成長できなくなります。


原因は・・・
頭皮の脂が気になって頻繁にシャンプーしたり、ゴシゴシ洗ったりすると頭皮を傷めて逆効果になる恐れがあります。
シャンプーは1日1回、頭皮をやさしく洗うようにしましょう。
また、フケが異常に多い場合は、脂漏性皮膚炎などの可能性もあるので、皮膚科を受診してみてください。



円形脱毛症
ある日突然、何の前触れもなく一気にバサっと髪が抜けるのが円形脱毛症です。
脱毛するのは1か所だったり数か所だったり、頭髪だけでなく全身の毛がすべて抜けてしまうこともあります。


原因は・・・
免疫機能を担うリンパ球の働きの異常によって起きる自己免疫疾患と考えられています。
発症のきっかけは、ストレスやアレルギー疾患などさまざまです。
また、円形脱毛症の治療には保険が適用されます。
女性の場合、髪が長いので気づきにくいこともありますが、気づいたらすぐに皮膚科や毛髪専門医師にご相談ください。
   
  薄毛・抜け毛の主な原因
   
  老化
肌と同じように細胞の老化に伴い、髪の1本1本が細くなり、休止期の毛が増えるため。


ホルモンの低下
更年期、ホルモン分泌のアンバランスなど。


ストレスの増加
自律神経のバランスが崩れ、血流が低下し、酸素・栄養供給不足は頭皮を覆う毛細血管に悪影響を与えます。


ダイエット
ダイエットによる偏食は、たんぱく質から出来ている毛髪にダメージを与えます。


誤ったヘアケア
頻繁なヘアカラーなどの過剰な髪の加工、シャンプーやリンス時の洗いすぎやすすぎ残しなど。
   
  施術名
   
  薄毛治療、育毛メソセラピー

女性の薄毛に内服療法より非常に効果のある、増毛治療が局所注射療法です。
内服療法と比べて有効成分が直接頭皮に注入し浸透するので、大きな効果が期待できます。
頭皮に育毛促進効果のある有効成分を注入する育毛メソセラピーは、ヨーロッパではすでに広く行われ、
安全性も確立されています。