婦人科形成、女性器形成のお悩みならファーストビューティクリニック
ファーストビューティークリニック 初めての方でもお気軽に【ご相談・ご予約】お電話ください 0120-720-666

 
HOME

当院について
院長紹介
クリニックコンセプト
クリニック情報
大阪・梅田院
福岡・天神院
熊本・上通院
神戸・元町院
東京・銀座院
カウンセリングの重要性
診療メニュー
女性器
小陰唇縮小
大陰唇縮小
膣縮小
膣壁縮小
クリトリス包茎
すそわきが
バスト
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
乳房縮小
乳頭、乳輪黒ずみ
乳房挙上(下垂乳房形成)
その他
女性の薄毛
でべそ形成
シェイプアップ
造膣術(先天性膣欠損症)
わきが・多汗症
わきが
多汗症
医療レーザー脱毛
エチケット(VIO)脱毛
料金表
お支払い方法について
メール相談
カウンセリング予約
プライバシーポリシー
サイトマップ
 
わきが、多汗症サイト
 
豊胸サイト

 
診療メニュー
婦人科形成、女性器形成のお悩みならファーストビューティクリニック>診療メニュー>膣縮小
  内性器の悩みとは・・・

膣のゆるみが気になる方、出産後に膣が緩んでしまった方に

膣の入り口から奥まで確実に縮小

女性器の悩みとして、外性器、見た目的な悩みだけではなく、膣の大きさで悩む方も非常に多くいらっしゃいます。
出産により膣に関して悩む方が増え、入浴時にお湯が入ってしまう、パートナーに指摘されてしまった、
性交時の感覚が鈍くなってしまったなどさまざまです。
膣のゆるみは、夫婦間や恋人とのセックスに影響を与え、膣の締めつけがゆるくなると、
女性はもちろん男性の側も満足感を得られなくなったりして、それが原因で「性の不一致」が起こり、
ひいては破局にいたってしまうカップルもあります。
しかしながら、出産というのは、子宮から膣(産道)を通り膣口から産まれ、
赤ちゃんの頭の大きさは直径約10cm、身長は約50cmもあるのです。
膣内は収縮する場所ですが出産後、元の膣の大きさに戻る事は極めて少ないのです。
色々な症状に対し個々の悩みの大きさもさまざまですが、悩み・症状に合った治療法で改善することが可能です。

  施術名
   
  FBC式膣入口部括約筋形成法


FBC式トータルフィッティング膣形成法
   
  こんな不安はありませんか?
   
  痛そう・・・
痛みを軽減させるため、施術に合せて数種類の麻酔を使用しておりますが、
特に痛みに弱い方には、眠っている間に施術を受けられる静脈麻酔を使うことも可能ですので、
医師にご相談ください。

恥ずかしいし、他人に知られたくない
患者様のプライバシーを守るため、院内の各部屋は声が外に漏れにくく、
院内での移動の際も、他の患者様とすれ違うことがないように配慮しております。

説明と同意(インフォームドコンセント)
患者様とのカウンセリングには充分時間をかけ、施術のメリットだけでなくデメリットも含め詳細な情報を
正確にお伝えし、正しい理解と納得していただいたうえで、施術を受けていただいております。
   
  Q&A
   
  膣の悩みについて

Q 膣の大きさは平均してどのくらいですか?


A 膣の長さは約10cm、直径は3cmくらいですが、体型によってもかなり個人差があります。
また、膣は粘膜でできた筒ですので、伸縮性に富んでいます。
出産時には子供が出るほど伸びます。
ですから、平均値などはあまり考えない方がよろしいかと思います。


Q どのくらいまで小さくできますか?

A 膣縮小は理屈上はいくらでも縮められますが、月経時の出血も外に排泄しなくてはなりませんし、
常識的な限度があります。
どの程度とご説明することはできませんが、そのあたりは医師のお任せください。
また、膣縮小手術を行うと、ご自分の「精神的な引け目」が解消されます。
つまり、機能的な面だけではなく、心の悩みを取り除く手術なのです。
きっとご満足していただけると思いますので、ご安心下さい。


Q どのあたり(奥)まで小さくできますか?

A 膣は長さ約10cmで入口付近には「括約筋」といわれる筋肉が存在しますが、
奥の方は粘膜でできた筒状のもので周辺には大切な血管や臓器があります。
粘膜はかなり伸び縮みできるため、縮小してもあまり意味はありません。
つまり、奥の粘膜を縮小しようとすると効果がないばかりか、
血管などを傷つけた場合、大変なことになってしまいます。
したがって、入口から数センチの部分までの筋肉と粘膜を縮小することが安全であり、確実な効果が得られるのです。


Q 膣縮小手術をした後、またゆるくなることはありますか?

A 人間の組織を調節する手術ですので、時間と共に変化するのは当然です。
出産時は当たり前ですが、老化によっても緩んでいくことは避けられません。
しかし、そのことを気にしていては、いつまでたっても手術はできません。
何といっても「今の悩みを解決すること」が大切なのです。
また、膣の緩みの最大の原因は「筋肉の緩み」なのです。
これは、膣と肛門を「8の字」型に結んでいる「括約筋」と呼ばれる筋肉です。
1日数回、肛門を強く締める訓練をすると、この括約筋が鍛えられ膣の緩みの防止につながります。


Q 膣の大きくすることはできますか?

A 出産時に「会陰切開」といって、膣の入口を切ることはありますが、
これはあくまでも子供を生みやすくするための手技です。
美容整形の目的で行うことではありませんので、おやめになるべきです。



膣に関する手術後の疑問


Q 膣縮小の手術後は、いつから性行為や普通の生活はできますか?

A 膣縮小の手術は、それほど大きなものではありませんので、生活上の制限はあまりありません。
入浴は1週間、激しいスポーツや性行為は1ヵ月間控えていただきますが、
シャワーは当日からOKです。
溶ける糸を使用しておりますので、抜糸の必要もありません。
つまり、入院や通院の必要がなく、1日で全てが終わりますので、
忙しい方や遠方の方でも安心して治療を受けていただけます。


Q 膣縮小手術後に性行為をした場合、感度が悪くなることはありますか?

A 手術の時に太い知覚神経を傷つけることはありません。
逆に膣が縮小されるわけですから感度は良くなるともいえます。


Q 膣縮小手術後、将来的に出産に影響はありますか?


A 膣縮小の手術は、膣入口付近の筋肉や粘膜を調節する手術です。
子宮に達するほど奥までは手術しませんので、出産には全く無関係です。
子供を産めば再び膣が緩んでしまうのは仕方ないことです。
その後、再度膣のゆるみが気になれば膣縮小の手術をしてあげれば解消されます。