婦人科形成、女性器形成のお悩みならファーストビューティクリニック
ファーストビューティークリニック 初めての方でもお気軽に【ご相談・ご予約】お電話ください 0120-720-666

 
HOME

当院について
院長紹介
クリニックコンセプト
クリニック情報
大阪・梅田院
福岡・天神院
熊本・上通院
神戸・元町院
東京・銀座院
カウンセリングの重要性
診療メニュー
女性器
小陰唇縮小
大陰唇縮小
膣縮小
膣壁縮小
クリトリス包茎
すそわきが
バスト
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
乳房縮小
乳頭、乳輪黒ずみ
乳房挙上(下垂乳房形成)
その他
女性の薄毛
でべそ形成
シェイプアップ
造膣術(先天性膣欠損症)
わきが・多汗症
わきが
多汗症
医療レーザー脱毛
エチケット(VIO)脱毛
料金表
お支払い方法について
メール相談
カウンセリング予約
プライバシーポリシー
サイトマップ
 
わきが、多汗症サイト
 
豊胸サイト

 
診療メニュー
婦人科形成、女性器形成のお悩みならファーストビューティクリニック>診療メニュー>大陰唇縮小
  大陰唇縮小とは・・・

大陰唇のしわや大きさが気になる方へ。溶ける糸で縫合するので通院も不要

1度の施術でバランスのとれた形に

大陰唇とは、太ももの付け根と小陰唇の間に見られる脂肪組織が豊かについている部分です。
内側の生殖器と尿道口を保護する役割を持っており、衝撃などから性器を守るため、
脂肪によってふっくらとしています。
通常でもふっくらしているような印象がありますが、肥大していることで、「こすれて痛みがある」、
「左右のバランス整えたい」、「汚れがたまりやすく臭いが気になる」、「たるみが気になる」などの
悩みは治療によって改善されます。

  施術名
   
  FBC式メジャーラビアルリダクション法
   
  こんな不安はありませんか?
   
  痛そう・・・
痛みを軽減させるため、施術に合せて数種類の麻酔を使用しておりますが、
特に痛みに弱い方には、眠っている間に施術を受けられる静脈麻酔を使うことも可能ですので、
医師にご相談ください。

恥ずかしいし、他人に知られたくない
患者様のプライバシーを守るため、院内の各部屋は声が外に漏れにくく、
院内での移動の際も、他の患者様とすれ違うことがないように配慮しております。

説明と同意(インフォームドコンセント)
患者様とのカウンセリングには充分時間をかけ、施術のメリットだけでなくデメリットも含め詳細な情報を
正確にお伝えし、正しい理解と納得していただいたうえで、施術を受けていただいております。
   
  Q&A
   
  大陰唇の悩みについて

Q 大陰唇の黒ずみを取ることはできますか?

A 大陰唇の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着によるものです。
これは、外部の刺激の多い部分に起こりやすい現象で、この他、股の付け根、ワキの下、
肘の内側などが色が濃くなりやすい部分です。
大陰唇の色を外科的に薄くすることはできませんが、黒い部分はヒダの外側の部分ですから、
大陰唇縮小の手術によってその濃い部分を取り去ってしまえば気にならなくなってしまうでしょう。
ただ、性器のある程度の黒ずみは正常なものなので、あまり神経質にならない方がよろしいかと思います。



Q 大陰唇の平均の大きさはどのくらいですか?

A 大陰唇の大きさは人によりかなり異なります。
かなり大きいのにそれ程気にしていない方、小さいのにそれでも気になる方もたくさんいらっしゃいます。
治療の前には「この程度が平均的な大きさです。」といってご説明いたしますが、
「もっと大きく」とか「もっと小さく」などのご希望があればお申し出ください。
ご相談の上、なるべくご希望の大きさになるように調節いたします。


Q 大陰唇が肥大しているのは病気ですか?

A 人の容姿は千差万別です。鼻の高い方、目の大きな方などさまざまです。
それと同じように、大陰唇の大きさ個人差がかなりあります。
ただ場所が場所だけに、非常に深刻に悩んでいる方が多いのも事実なのです。
大陰唇縮小手術はご本人が思われている以上にポピュラーで希望者の多い手術です。
大陰唇肥大は決して病気ではありませんが、その方が悩んでいるのであれば、
その意味ではれっきとした「病気」ということも言えます。
手術自体は短時間で終わるものですので、一人でお悩みにならず、是非一度ご相談ください。



Q 大陰唇はなぜ肥大してしまうのですか?

A 大陰唇に拘わらず人間の身体の形はほとんど遺伝的な要素で決まってしまいます。
つまり、生まれつきがほとんどなのです。
大陰唇の場合、当然、老化や出産によって形は変化しますが、それ以外で大きくなることはまずありません。
ただ場所が場所だけに「手でいじりすぎたのではないか?」「性経験が豊富だからかしら?」など、
いろいろな原因を考えてしまい、精神的に負担になっているケースが多いのです。



Q 大陰唇縮小手術をした後、また肥大することはありますか?

A 出産や老化によって、ある程度形が変化していくのは当然ですが、
その他のことで大きくなったりすることはありません。
つまり、一度手術してしまえば、それは一生のものですので、どうぞご安心ください。



Q 大陰唇の片方だけが大きいので、片方だけ小さくすることはできますか?

A もちろん可能です。しかし、ご本人がそのように思われていても、その大きさの差が手術するに値しない程、
ほんの少しの場合もありますし、逆に、両方とも大きい場合もあります。
いずれにせよ、片方だけか、両方ともか、最終判断は医師とご相談の上、下されるべきだと思います。



大陰唇に関する手術後の疑問


Q 手術後の痛みや出血はありますか?

A 手術中は当然麻酔が効いているので無痛です。
また、術後麻酔が切れた後も、最新の高周波メスを使用しているためか、痛みもほとんどなく、
念のためにお渡しする痛み止めのお薬もあまりお使いにならないようです。
出血は、術後1週間くらいには、多少血液がにじみ出ることがありますので、
その間は生理用ナプキンを着用なさってください。



Q 手術後、安静期間はどのくらいですか?

A 大陰唇縮小は、それ程大きな手術ではありませんので、特に安静にしてじっとしている必要はありません。
内容にもよりますが、皆様、翌日から仕事に復帰されているようです。
軽いスポーツなら2週間たっていれば問題ありませんが、手術部位に負担のかかるような激しい
スポーツは1ヵ月間はお控えください。



Q 手術後、性行為はいつからできますか?

A 大陰唇の手術部位は溶ける糸で丁寧に縫い合わせてあります。
日常生活にはそれ程気を使う必要はありませんが、性行為については傷が不安定なうちに行うと、
傷が開いてしまい、再び縫い直すことになってしまいます。
ですから、手術後1ヵ月間の性行為は絶対に控えてください。